現在急速に世界はグローバル化へ進んでいます。これまで日本国内の顧客だけを相手にしていたという企業であっても少子化が進み購買市場が縮小する日本国内の市場だけでは将来的に企業業績は頭打ちになってしまうのは必然です。

そこで海外へ販路を見出すべく試行錯誤をしている企業は少なくないものですが、これまで国内企業や国内の消費者だけを対象にしていた企業にとって大きな壁になるのが言語です。

海外へ販路を広げる上で当然日本語以外の翻訳は必要になってきます。加えて商品説明や取引契約になってくると学校などで習うような英語ではなくよりビジネスライクな専門用語に精通していなければなかなか翻訳することが出来ません。

しかし、社内に専門用語や語学に長けた社員がいないようであれば社員を育成するよりも翻訳会社に発注する方が格段に早く、確実です。社員の語学スキルを上げることももちろん重要ですが、法令用語や契約書の翻訳まで出来るようになるにはかなりの時間と教育費用がかかります。そこで、プロの翻訳会社に翻訳の発注を行うことになりますが、翻訳会社によって費用や納期が変わってきます。

また、語学レベルも翻訳会社によって異なってきますので、本契約を結ぶ前にまずは無料見積もりや翻訳技能を比較して翻訳会社の選定を行うようにしましょう。

在籍している翻訳者の語学レベルは企業によって全く異なってきますので、事前に見積や翻訳レベルを確認することはとても重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *