翻訳会社には必ずネイティブスピーカーと呼ぶ人が在籍しています。

但し、在籍と言っても翻訳会社に直接雇用が行われている正社員や契約社員ではなく、外部スタッフとしてのネイティブスピーカーも含まれます。

このネイティブスピーカーは特定の言語を母国語として話す人を意味しています。例えば、ドイツ語を母国語として話をする人、日本人などの場合は母国語が日本語になるので、日本語を話す人もネイティブスピーカーになるわけです。

しかしながら、ドイツで生まれた人が結婚して中国で生活を送る場合、中国語が主体となります。

この場合のネイティブスピーカーはドイツ語ではなく中国語が中心となるため、
中国語の翻訳者が訳した文章をチェックして校正を行う事が出来るわけです。ドイツ語も話せるのであればドイツ語から中国語への翻訳、もしくはその逆を行う事が出来るメリットもあります。

翻訳会社のネイティブスピーカーの役割は翻訳の質を高める目的があります。

英語が達者な日本人も、英語の訳文を作った時、それを英語圏のネイティブスピーカーがチェックした時に校正により修正が必要なケースは少なくありません。翻訳会社の中でも多国語翻訳を可能にしている会社などの場合は、全世界にネイティブスピーカーが外注スタッフとしてそれぞれの訳文のチェックを行っているため、品質の高い翻訳を行って貰えるメリットがあります。翻訳会社を選ぶ時には専属のネイティブスピーカーの有無を確認しておくのが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *