外国語に強い人はそれ自体が人材としての価値を高める要素になります。

それを生かして翻訳サービスでフリーランスをすることも可能であり、クライアントを獲得するのに成功すれば安定した利益を上げることも可能です。

特に需要が高い英語や中国語、さらには東南アジアの言語までカバーできるようになると多くの企業から着目してもらえるようになりますが、十分な利益を定常的に上げられるようにするにはコツが必要です。

翻訳サービスでフリーランスをするには翻訳会社との競争をしなければなりません。大勢の翻訳家を抱えている翻訳会社と比較して自分を選んでもらうためには差異化が必要になります。

単価をやや低めに設定するのは初期には欠かせません。また、クライアントとのコネクションを作ってリピートしてもらえるようにするのが肝心です。そのため、できるだけ密にコンタクトを取るようにして信頼できる依頼先として認識してもらうのが賢明です。最初のクライアントを獲得することができると、次第に実績ができて宣伝を行いやすくなります。依頼を受けたときには、依頼の完了時に翻訳サービスの宣伝に企業名を記載して良いかを確認しておくのも大切です。

特に大きな企業からの依頼を受けられたときには、実績として紹介すると信頼性を獲得できます。フリーランスで翻訳サービスを展開するときにはクライアントに信用してもらうのが大切です。

実績を客観的にわかるように工夫をしていくと次第に依頼が殺到するようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *