企業の成長を目指す上で国内市場に留まらずに世界市場に目を向けるのが重要になっています。

世界展開をする上では英語が共通語として使われているから英語で情報発信すれば良いと考えてしまいがちです。

しかし、日本人が日本語で発信されている情報以外にはあまり積極的に目を向けないのと同様に、世界の人たちも自分の母国語での情報発信でなければそれほど積極的に目を向けない傾向があります。

そのため、本格的にマーケティングをしたいと考えたら、ターゲットにしている国の母国語で情報発信を行うことが必須です。

翻訳サービスはこのような状況で大きな力になります。英語への翻訳ができる人材を抱えている企業は比較的多いものの、それ以外の言語となるとプロフェッショナルと言える人材がいないのが一般的です。

大きな勢力となっている中国への進出や、市場が拡大している東南アジアや南米などをターゲットとしていくためには、各国の母国語への翻訳が欠かせません。

多国語に対応している翻訳サービスを活用すればこの目的を容易に遂げることができます。翻訳サービスはただの自動変換とは異なり、正確な意訳をしてくれるのがメリットです。

ただ単語レベルの対応関係を見るのではなく、全体の文意を理解して正しく現地の人に理解してもらえるように文章を作り直してもらえます。これによって現地の人から高い信頼を得られる文章で情報発信を行えるようになり、着実に市場を開拓できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *