会社として海外市場に出ていく事を役員会で承認されたならば早速各国のマーケット向けに会社案内や商品説明の文章を作成する必要が有ります。

翻訳サービス会社に対して日本文の原稿を渡しお願いするわけですがただ単に直訳するだけでは相手国の市場に上手く伝わらない可能性が有ります。

その場合は、翻訳サービスを行って頂く会社に出向くなりして、例えば機械類で有ればその原理の簡単な説明や漫画絵でそれを表す事が必要です。イメージが全くないままに翻訳作業に入る事を避ける必要が有ります。

翻訳サービス会社での仕事が終われ依頼先にチェックの為転送されますが、その段階での大幅な手直し等は避けるべきです。事前にお願いする事の概要を説明し翻訳者に理解して貰って事を進めて貰うのがスムーズなやり方です。

翻訳者は機械ではなく人なので自分でイメージしながら最適な外国語の文章に仕上げていきます。そしてその仕上げた文章を要求会社に添削して貰いながら修正作業を行い完成させるのです。

従って依頼した案件を翻訳サービス会社から早く回収し次のステップに進む為には初期段階のアクションが非常に重要です。出来上がったセールスプロモーション用の文章をインターネットで現地に送り、それから商売開始となります。

商売の状況を見ながらですが、仮にセールスプロモーションの文章にインパクト不足を感じたならば速やかに本社にその旨を伝え違う文面にして貰う事も必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *