コンピューターにプログラムされたアルゴリズムによってある言語から別の言語へと変換する自動翻訳サービスは人によるサービスには適わないというのが定説でした。

現在でも機械に任せて自動翻訳をするよりは、
専門の翻訳家に任せた方が優れた文章ができるのが一般的です。

しかし、人工知能の発展によってその状況は刻々と変化してきています。情報技術の発展によってアルゴリズムの多様化が進み、機械が学ぶことができるようになりました。

人と同じようにパターン認識をすることで翻訳のやり方について学んでいき、やればやるほどより正確な翻訳ができるようになるシステムが組めるようになっているのが現状です。

様々なアルゴリズムで自動翻訳を人並みにできるようにしようという試みがなされてきていて、ウェブアプリケーションとして提供されているものもあります。

このため、自動翻訳サービスは人に劣るという認識は変えなければならない状況になってきました。比較的平易な文章であれば人が翻訳したものと大差のないものに翻訳できるようになっています。

変換の速度は人とは比べ物にならないほど速いので、大量の文章を翻訳する場合になるとコンピューターに軍配が上がる可能性が高くなります。

人工知能の開発が進むと自動翻訳サービスのレベルの向上をもたらし、人と同じレベルでの翻訳ができると期待できます。翻訳を必要とする仕事をしている人は人工知能と自動翻訳の進展から目を離さず、良いものが生まれてきたら活用するのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *