翻訳サービスにはオンラインで無料で利用できるものもありますが、翻訳会社が担っている有料のサービスもあります。

どちらも様々な言語に対応していて、日英や英日だけでなく英仏のように他国の言葉同士の変換すらできるようになっています。

無料のオンラインサービスは入力すると瞬時に翻訳結果を表示してくれる点で便利ですが、有料の翻訳サービスは数日から数週間という納期がかかるのが一般的です。速さと費用だけ考えたら無料のサービスの方が優れているものの、利用するときには使い分けをするのが肝心です。

無料のオンラインサービスは基本的には直訳を行うシステムになっていて、機械的な処理により翻訳後の文章が表示されています。

そのため、前後の文脈を考えて意味を解釈する能力では人間が行うのには劣る部分があります。

また、意訳をするのが苦手なので、翻訳された文章をさらに読解しなければならないことも珍しくありません。

この点で優れているのが一つ一つの文章を時間をかけて人の力で翻訳してくれる有料の翻訳サービスです。

大まかな概要を知りたいから日本語に翻訳するというのであれば無料の翻訳サービスでも十分なこともよくあります。

しかし、完成された文章として公開するような場合にはプロの翻訳家に有料で翻訳してもらった方が完成度の高いものができあがります。どちらが良いかはケースバイケースなのでうまく使いこなすのが大切です。速さや安さを取るか、完成品の秀逸さを取るかで選ぶのが基本です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です