今は翻訳会社にとって生き残り戦略をどうするかでこれからが決まる生命線といってもいいでしょう。

翻訳会社であれば当然翻訳を仕事とするのは当然ですが、この翻訳の仕事のほとんどが自動翻訳ツールに奪われてしまったからです。正に今は翻訳会社にとっての正念場ということになっています。この事態をもたらしたのは翻訳ツールの驚異的な成長です。これまでの翻訳ツールは使えないというよりは、おもちゃのようなもので、まず日常会話レベルの翻訳ですらまともに出来るものではありませんでした。

それが今では日常会話レベルの翻訳はほとんど問題なく出来るようになり、さらにはスピードも速くて翻訳の人が間に入るようなことの方が手間がかかるということにもなってしまいました。これによって日常会話レベルの翻訳の仕事は無くなったのです。翻訳会社はこれからは専門的なところで仕事をしていくことが求められるようになりました。何しろ翻訳ツールはモバイル端末に入っていて誰でも無料で使えるツールとして存在しているので、この分野で対抗することは出来ないようになったのです。

翻訳の性能はどんどんと上がっているので、日常会話レベルの翻訳の精度も翻訳会社を凌駕するものとなるのも時間の問題です。となれば翻訳ツールが出来ないことをするしかありません。専門分野に関しては翻訳ツールも正しく翻訳することは出来ませんから、この分野で生き残りをかけていくしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です