技術マニュアルや取扱説明書を制作している会社は翻訳会社にマニュアルの翻訳を依頼するケースが多くあります。

製作工程の中での翻訳処理は、原稿が完成した時点で翻訳会社に依頼するよりも、章単位などで依頼を行うケースも少なくありません。特にページ数が多いマニュアルなどの場合は、翻訳に掛かる工数が多くなるので、印刷までに間に合わなくなる可能性もあります。仕事を受けた翻訳会社はマニュアルに記載してある技術的な知識を持つ翻訳者がいる、もしくは外注スタッフに専門知識を有する翻訳者がいるなど、技術マニュアルは単に語学に精通しているだけでなく、技術知識も必要となります。

最近は、フリーの翻訳者も多くなっていますが、フリーで仕事を受注する多くは翻訳会社に登録を行い、その都度仕事の依頼を受けるなどの受注スタイルを持ちます。マニュアルは常に新しい製品が続々と登場するなどからも、翻訳の仕事は減少しない、安定した収入を得られるなどからも注目が集まっています。但し、技術翻訳に関しては翻訳のスキルだけではなく、電気や機械などの専門知識が必要である事、第三者が翻訳したものを見ながら、既存の訳文と同じようなニュアンスで翻訳を行うなどの技術も求められます。

例えば、前回製作したマニュアルの改版を行う時など、他の翻訳者に仕事を依頼したところ、追加部分だけ既存の訳文とはニュアンスが異なるなど品質に問題が生じる事もあるため、翻訳会社にはネイティブスピーカーが品質維持に努めています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *