翻訳の仕事を受注する翻訳会社にはそれぞれ得意な分野があります。

医療に精通した翻訳を得意としている会社、機械や電気などに精通しているなど、専門的知識を持つ翻訳会社には品質の高い翻訳が可能になるメリットを持ちます。専門的な知識は日本語を英語にする時、英語をフランス語やドイツ語にする時など、言語に関係なく質が良い訳文を作り上げてくれます。取り扱い説明書などの場合、その製品が世界各国で発売となった時には、英語を中心に、フランス語やイタリア語、ドイツ語やスペイン語など複数の言語で作り上げる必要があります。

日本語で書かれた原稿を、英語を得意としている翻訳者に仕事を依頼、英語版が完成した段階で、それぞれの言語を得意としている翻訳者に仕事を依頼するのが一般的な翻訳会社の流れになります。但し、質の高い翻訳を可能にする翻訳会社の場合、それぞれの言語を得意としている翻訳者には取り扱い説明書に記載が行われる内容についての知識を有するなどの特徴があります。得意領域が言語だけでなく専門知識を持つ翻訳者に仕事を依頼する事が品質重視の訳文を作り上げる事が出来るようになるわけです。

ちなみに、翻訳会社の中には世界各国に翻訳スタッフを持つ会社もあります。それぞれのスタッフは言語の知識を持つと同時に特定の専門知識を持つなど、幅広いジャンルの翻訳を可能にしています。また、こうした会社の場合翻訳者が少ない特定の言語の翻訳も依頼する事が出来るなどの特徴もあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *