今は翻訳会社に激変が起きています。

これを起こしたのはネットサービスです。今は翻訳が何とネットで無料で出来るサービスで出来てしまう時代になったのです。これによって翻訳会社はこれまでとは全く違う仕事環境になったのです。これまでは翻訳は単語レベルでは翻訳ツールで何とかできましたが、会話レベルになると全く使うことが出来ませんでした。

正しい翻訳がなされることは珍しく、珍解答が続出するのが翻訳ツールのレベルだったのです。そのため翻訳会社の仕事は多岐にわたるようになっていました。日常会話レベルでも翻訳会社が必要なことはよくある事でした。ですが、今の翻訳ツールは高性能でしかも無料で使えて、リアルタイムでの翻訳が可能という優れものとなりました。これによって大きく翻訳会社は方向性を変える必要が出てきたのです。

これまでのように日常会話レベルの翻訳は必要とされなくなったので、より専門性の高いところで仕事をすることが求められるようになってきました。具体的には契約など正式な書面を作る場合や専門職の仕事について翻訳をするなどより高度なレベルでの翻訳を必要とする場で活躍をするようになったのです。こうした専門性の高いところは翻訳ツールでも翻訳をすることは出来ません。

何故かというと翻訳ツールは自分で学習することで成長するタイプなので専門性の高い分野は学習機会が少なく、なかなか成長することが出来ないのでこうした分野で翻訳の会社は活躍するようになってきたのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *