今は翻訳会社にも大きな変化が訪れています。

その原因となっているのが翻訳ソフトの向上です。今はモバイル端末に入っている翻訳ソフトがどんどんと性能が良くなっているので、これでほとんどの翻訳が出来てしまうという時代になったのです。そのため翻訳会社も業務を変えていく必要が出てきたといっていいでしょう。翻訳会社は翻訳サービスソフトを作るか、より専門性の高いところにシフトしていくことが求められるようになってきました。

日常会話レベルの翻訳は既に自動で出来る翻訳ソフトの方がシェアを獲得してしまったので、ここに参入してもまず勝つ見込みはありません。何しろ翻訳ソフトは無料で使えるので、これが最優先で使われるようになります。となると専門的なところで翻訳会社は活躍することが求められるようになりました。具体的には通訳であったり、契約の締結などの正式な文書、各種手続きに関わる文書の書き方などの専門的なところがその活躍場所ということになってきたわけです。

こうしたところは、翻訳ソフトも翻訳は出来ません。今の翻訳ソフトが出来ているのは、よく使う言葉についてだけ翻訳できるシステムなので、専門的なあまり使われない言葉は翻訳できないのです。これが翻訳ソフトの限界ということにもなるのでしょう。翻訳ソフトだからなんでも理解できるというわけではありません。実は翻訳ソフトは理解をしているのではなく、単に過去の経験の中から正解になるものを組み合わせているだけなので、経験できないものは習得できないシステムなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *