グローバル化は日を追う毎に益々加速しています。

これまで日本国内だけで完結していた業務が、海外へ進出したり、海外の企業に買収されるかもしれません。社内のメールや会議が外国語になることはもちろんのこと、報告書や株主への説明案件なども全て外国語で作成されるようになるかもしれません。資料の作成などが急に外国語に対応するように言われても対応出来ない場合もあるでしょう。そこで、外部の翻訳会社を選定するという選択肢があります。

翻訳会社も色々な事業者が業務を行っていますので、品質を確認する上でも、複数の翻訳会社から見積もりとともに、これまでの実績資料を見せてもらうようにしましょう。特に專門分野の知識に関しては翻訳者の能力に大きな差が出てきます。日常会話ではなく、專門分野の翻訳に関してはその分野の深い知識が必要になってきますので、発注をお願いしようとしている翻訳会社に熟練した翻訳者が在籍しているかどうかを確認しておきましょう。

翻訳者も日本語が堪能な外国人の場合や外国語が堪能な日本人の場合などのケースが考えられますが、外国の方が翻訳している場合日本の慣習や暗黙の了解のような社会風土を知らないこともあります。出来上がってきた翻訳後の資料も元々の意図していたものとずれてきてしまうと、場合によっては会社の信用問題にも発展しかねません。発注を依頼する前に、翻訳のレベルはしっかりと確認をしておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *