翻訳会社の中には会社内部に翻訳スタッフが少数しか在籍してない会社もあります。

少人数で営業しているのにも関わらず多言語翻訳が出来る、色々な専門分野の翻訳が出来るなどの特徴を持つ翻訳会社も少なくありません。従業員が少ないのにも関わらず、色々な翻訳の依頼が出来る理由は、外注スタッフを多く抱えているなどの特徴を持ちます。翻訳の仕事をしている人の中には正社員として会社組織にいるのではなく、フリーの翻訳者として複数の翻訳会社と契約を結んでいるケースが多くあります。

しかも、契約を結んでいる翻訳者は日本に在住しているだけでなく、海外で生活をしているスタッフも多くいるのが特徴です。ネイティブスピーカーは母国語をメインとして使う人などの特徴を持っていますが、翻訳会社にとってネイティブスピーカーは翻訳の品質を向上する意味において必要不可欠な存在です。ネイティブスピーカーは翻訳を行うのではなく、翻訳が行われた文章を読んで、翻訳品質を向上させる役割を持つ人々です。

世界各国にネイティブスピーカーを持つ事は多国語展開、グローバル展開を行う意味において必要不可な存在です。文章を読んで貰った時に、文章の品質がどの程度のものであるのかを評価出来る能力があります。また、ネイティブスピーカーによる校正を受ける事は、依頼を受けた顧客に対しての評価を得る事が出来る、誰が読んでも意味が通じる翻訳を可能にしてくれる翻訳会社と言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *