翻訳会社がこれから考えていくべきことは、自動の翻訳ツールが出てこない分野は何かという事になっています。

既に日常会話は自動翻訳のツールが登場したことで、翻訳会社の出番は無くなったと考えていいでしょう。自動翻訳ツールは無料で使える上に高性能ですから、この分野で翻訳会社が戦っても勝ち目はありません。ではどういうところなら勝てるのかというと、契約などの段階で、間違いのない訳をするという必要性がある時には翻訳会社が必要になります。何故かというと、自動翻訳ツールは言葉の意味を理解して翻訳をしているわけではないので、いつどんなミスをするのか分からないという事があるからです。

言葉の意味が分かっている人であれば絶対にしないようなことでもツールはやってしまう事があるという事です。つまり、契約の様な絶対に間違う事が許されない局面で使用するだけの信用性はその作り方からして出来ないところがあるという事です。自動翻訳ツールは単にこれまでの経験から、この言葉にはこの意味が当てはまるという事を知っているだけです。

ただそれを膨大に繰り返して学習しているので、びっくりするぐらいに正解に近いものを導き出しているのです。これで確かに正解になるわけですが、言葉を理解していないというところに問題があるので、契約の様な重要書類には使いにくいという事になります。使っても結局は翻訳会社の通訳の人などがチェックをしないと安心して契約することは出来ないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *