翻訳会社の活用の方法にはふたつあります。

ひとつは日本語と英語を始めとする言語の翻訳を依頼するために利用することと、もうひとつは翻訳者として登録することです。テクノロジ-進化によって、今ではひとつの言語を他の言語に訳す際にもコンピュ-タ-を使用すればすぐに訳文を手に入れることができますが、まだ人間が翻訳したものには及ばないところが沢山あります。一昔前までは翻訳会社には翻訳者が詰めていて、辞書を片手に翻訳を行っているイメ-ジがありました。

しかし、現在では翻訳会社は顧客から依頼があるとそれを会社に登録している翻訳者に受け渡し翻訳されたものを顧客に納品するという流れがほとんどとなっています。ですから翻訳の作業というのは、在宅でも問題なくできるようになりました。事実、海外在住の日本人が東京にある翻訳会社に所属して仕事を請け負っているなどということは珍しくはありません。翻訳を依頼したいという人は、その会社が依頼内容に強いかどうかということをチェックすることをおすすめします。

例えば会社によっては、医療関係や特許関係に強いなどの他社より秀でた分野を持っているところがあります。そして翻訳者を目指すという人は、必ず自分の得意分野を持っていることが有利であるということを覚えておいてください。ひととおり翻訳ができるという人はたくさんいますが、特定の分野の知識を他人よりも多く持ち合わせていることで翻訳者としてその翻訳会社に所属することを大きくアピ-ルすることができるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *