意図する文章を相手に伝えるためには言語の壁は非常に厚いものがあります。

ビジネス上の専門的な言葉のやり取りは特に重要な案件も含まれていて、単語を選ぶことにも細心の注意を払う必要があります。翻訳は文面から相手の意思も読み取る必要があり、文言だけの判断は非常に危険です。メールであれそれ以外の書類であっても、それにかかる翻訳は慣れていないと非常に時間がかかる作業です。

ビジネスを成功させたいのであれば自分の専門外のことは知識もスキルも高い専門家に任せるべきで、その時間を本来の業務に充てることは無駄にはなりません。翻訳会社への依頼は自分が必要とする書類や手紙などの翻訳が中心になります。内部の機密情報を外部に委託することにもなるので、依頼する会社の選択は慎重に行うべきです。言葉の壁は誰もが考えている以上に厚く、書面で書かれていること万寿傷で行きかうことは皆無です。

何気ない表現が本来とは逆の意味ととらえられたり、意図した内容とは別の意味でとらえられることもあるために、翻訳を依頼する際は十分なスキルを持ったスタッフがいる翻訳会社を選ぶことが肝心です。依頼する案件は外部に流出してはいけないものがほとんどです。契約が守られることは前提で、内部で知りえた情報を外部に吹聴することはビジネス上ありえないことなので、依頼する翻訳会社のスタッフの人選も依頼する際には重要です。翻訳の依頼は翻訳の制度も含めて、細部の打ち合わせがとても大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です