昔の翻訳会社は自社で、専門として行う翻訳家と契約したり、直接翻訳が出来る人を雇い、自社で翻訳することが多いというのが通常でした。

しかし、インターネットの発達などによってそのあり様は徐々に変化していき、現在では、多くの翻訳会社は自社の翻訳家を使用しなくなっています。現在の翻訳会社は請け負った仕事をフリーで活躍する専門の翻訳家に依頼するようになっています。翻訳会社はその知名度をもって、効率的に仕事を受け取り、それを能力のある翻訳家に振り分け依頼することで利益を上げる企業になったということです。

翻訳の依頼を翻訳会社以外がやろうとすると、まず、より適切に翻訳できそうな人を探す手間がかかります。今はインターネットを使って実力のある翻訳家を探すこともある程度は出来ますが。それでも専門外のことなので、どの程度の費用で依頼するのが適切であるのか、そこまでなら依頼にこたえてもらえるのかといった細かな点については分かりません。

インターネットの発達によって、翻訳が上手い人、能力のある人は身重で自由が利かない組織に属することを嫌がり、自分で仕事を探して依頼をより良い謝礼で請け負うようになります。また、参入障壁も下がり、誰でも翻訳家として仕事を請け負える環境が整っていきました。翻訳家も仕事の割り振りに特化した方がより効率的に利益を上げることが出来るようになり、結果、最初に述べた翻訳を自社でやらずに、翻訳家に仕事を依頼することをメインとする会社へと変わっていくことになったということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です