一般的な翻訳会社では、翻訳会社に依頼をすると営業担当が依頼人の要望に応える形で見積もりや納品時期などを相談していくことになります。

この時に、依頼人の方から予算がいくらなのか、具体的な納品時期がいつなのか、そして肝心の納品形態がどのようなものなのかを伝えておく必要があります。きちんと伝えておかないと、クオリティは保てても納品時期が遅くなってしまう可能性も考えられます。また、翻訳会社によっては実際に翻訳を担当してくれる人の情報を提供してくれることがあります。

例えば、英語を翻訳する場合には実際に英語を翻訳したことがある実績や、英語の中でも得意分野としているところなどを情報提供してくれます。翻訳者情報を閲覧して依頼人が翻訳をしたいと考える人がいた場合にはその人を選択することが可能です。この場合、その人の仕事のスケジュールなどを確認して自分の納品時期などとマッチさせることができるかなどを確認する必要があります。そして、実際に翻訳に入ります。

翻訳を行う際には担当の翻訳者に資料を提供しなくてはならないので、依頼人の方から事前の準備をしておくことが大切です。また、仮に翻訳に関して訳して欲しい特定の専門用語などが存在していた場合にはその専門用語に関する資料も渡しておきます。翻訳が終わった後は、アフターサービスとして成果物への意見提供や評価ができます。翻訳文に間違いがないかを確認できるので安心して任せることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *