翻訳会社は主に他国の理解できない文書や発言を自分や他社に理解できる様にして貰うサービスのことですが、ここで重要なのが、翻訳してもらって出来上がったものの内容が正しいのか判断できにくいと言うことです。

特に、専門的な分野において、正確な理解は素人には難しく、そこで、重要なことが信頼になります。信頼とは長年の実績があり、お客からクレームが無い様な翻訳を行っているかどうかです。

重要な契約書等において、間違った翻訳をしてしまって場合には、自分と相手に間違ったニュアンスで伝ってしまい、後が大変なことになってしまいます。書籍等の翻訳でも、間違った翻訳を行われた場合は、出版物を回収して間違いを直して再度出版することが必要になる場合もあり、時間とお金の無駄になります。

法律的には、民法709条等によって不法行為が肯定されれば翻訳会社に損害を賠償することはできますが、必ずしも賠償請求が行えるかは裁判官の裁判所の判断によるので、余計なトラブルは事前に防止する必要があり、そういったことが無い様に、翻訳会社を選ぶ際は信頼がおける会社かどうかを事前に調べる必要があります。

ビジネス上で動くお金が大きければ大きい程、翻訳会社に信頼があるかを良く確認して判断する必要があります。逆に言うと、翻訳会社は、クライアントからの信頼を勝ち取る為に、ビジネスにおいて様々な工夫をするとよりクライアントから支持される会社になると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *