業務の中で翻訳が必要になった時、普段利用している翻訳会社があれば、その会社にメールなどで原稿を送付して依頼が出来ます。

しかし、普段の業務の中で翻訳があまり必要ない場合などでは、いざ依頼しようとした時、どこにお願いすれば良いのか迷うケースは多いと言えましょう。翻訳会社の仕事は、依頼先からの翻訳を行うのが中心ですが、単に日本語を英語に置き換えるだけでなく、依頼者側の要望に応えることが出来る経験や実績を持つ会社が多くなっています。

例えば、企業はホームページを立ち上げ、会社のアピールや開発した商品の宣伝などを行うなど、ウェブマーケティングを行っているケースは多いと言えます。現在、国内の顧客だけをターゲットにしている場合でも、グローバル化が進む現代では、海外へのマーケットへの参入も考える経営者も多いことでしょう。

ホームページが日本語では海外マーケットへの参入が出来ませんので、英語版のホームページも作りたい、英語圏だけでなく、ドイツ語やフランス語などにも対応したホームページを作りたい時など、翻訳会社に依頼すればコーディングまで含めて仕事を依頼出来る会社が多いのです。

この場合は、日本語のHTMLを翻訳会社に渡せば、文書をすべて依頼した言語に置き換えてくれますし、HTMLを直接修正して貰えるため、後から翻訳原稿を見ながらカット&ペーストなどをせずに済みます。翻訳からHTMLのコーディングまで一貫して作業が出来るのも翻訳会社の強みになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *