翻訳会社の中には、電気や機械、医療や法律など専門分野に特化した翻訳が出来る会社がありますが、こうした会社の中での業務には原稿を翻訳するだけでなく、通訳やテープ起こしなどの特殊な業務の依頼が出来る会社も少なくありません。

通訳は、イベント会場などに訪れる顧客に対し、顧客が話す言語で自分達の会話を置き換えて伝えてくれる仕事です。自分達が話す言葉を聞いて、相手が話す言語に置き換えて伝えるなどの特殊な技能を持つのが通訳の仕事です。

一方、テープ起こしは録音されている音声を聞いて、それを文書化する作業です。在宅ワークなどでも人気がある仕事ですが、翻訳会社が行うテープ起こしは単に録音してある音声を文書化するだけではないのです。

例えば、録音してある会話がイタリア語などの場合、イタリア語に精通した人でなければ文書化することは不可能です。在宅ワークで行われているテープ起こしは、日本語の会話になっているため、誰もがチャレンジ可能です。

テープ起こしの中には、日本語の会話を特定の言語に置き換えなければならないケースもあります。翻訳者が音声を聞いて、それを英語で文書化する、イタリア語やフランス語で記述を行うなどが出来るのも翻訳会社の特徴と言えましょう。

在宅ワークの場合は、日本語の音声ならテープ起こしが出来ても、それを日本語以外の言語に換えることは困難です。仮に、在宅ワークに日本語のテープ起こしを依頼、それを翻訳会社に翻訳して貰うのでは日数も掛かりますし、コストもかかるなど、最初から翻訳会社に依頼をした方がコストや時間の節約に繋がって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *