いわゆる普通の商社でも最近は海外の企業と取引する事が日常的になりつつあります。

商談の相手が欧米のクライアントという事例も珍しくはありません。国内の内需が少し冷え込んでいるため、世界の市場に軸足を移す組織も現れました。またアジアの発展途上国は今日急速に経済成長を遂げており、そういった未開の市場に向けてマーケティングをした方が効率よく利益を得られるのです。

ただ海外のクライアントと商談をする上でハンディキャップとなるのが、コミュニケーションの手段です。英語は日本のビジネスマンの苦手科目であり、クライアントとの意思疎通が正しく図れるか不安に感じている人々がいらっしゃいます。

世界のビジネスシーンでの公用語は英語です。国外のクライアントと商談を行うためには英語のEメールを読んだり書いたりしなければいけません。英文の厄介なところは日本語と仕組みが全く異なるところです。

また英語圏の文化は日本人には馴染みが薄く、更に商談用のフレーズや表現ともなれば、いわゆる学校で習った英語では正しく読解出来ません。もし大事な商談の英文を、誤読してしまったら一大事です。

不安を感じた場合は翻訳会社に相談してみましょう。プロの翻訳家が在籍する翻訳会社に依頼すれば、短時間でビジネス文書の和訳が受けられます。紙の文書以外に最近の翻訳会社はEメールなどの和訳も代行してくれるのです。

相談はネット経由で行う事も出来ますし、問い合わせだけなら無料ですので軽く質問してみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *