翻訳会社では海外で発行された書籍を日本語に訳し、言語の違いでつまずかずに異文化に触れたり重要な情報を共有できるよう、日々作業が行われています。

翻訳は作業する人の経験や技術によって、言い回しや言葉に隠された本当の意味の表現、単語のチョイスなどの仕上がりが変わります。安い料金で受注する個人の翻訳者を利用するのも一つの方法ではありますが、翻訳会社にはコーディネーターがいます。コーディネーターは預かった翻訳の原稿を元に依頼側の要望を的確に把握し、原稿のジャンルによって最も良い仕事をするであろう翻訳者を探すので、品質の向上が期待できます。

翻訳会社を選ぶ時に忘れてはいけないのが翻訳後のアフターフォローです。アフターフォローもコーディネーターが担当します。依頼者が仕上がった翻訳内容を読む中で疑問に思う箇所があった場合は、再度翻訳会社に問い合わせて質問する形となりますが、中には対応が良くない会社もあります。互いに内容を詰めて良い仕上がりにしたくても、回答が得られなかったり、別に料金が必要だと言われることもありますので注意が必要です。

しかしながら、ほとんどの翻訳会社は優良会社なので不安に思う必要はありません。数社をピックアップして見積りを依頼し比較しながら選ぶと良いです。料金や品質、納期、アフターフォローに関して特に不満が無ければ利用することをおすすめします。最安値にこだわらず、総合的な評判が良ければその会社を選ぶべきです。他社より費用がかかっても品質の良い翻訳内容を仕上げてきますので、結果的に納得のいく選択になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *