海外で発行された小説などの書籍が日本語で読めるのは、翻訳してくれた人がいるからです。

海外の書籍などを日本語に翻訳する専門の会社が翻訳会社です。英語などを日本語にするだけでなく、日本語を英語などに翻訳することもあります。翻訳はその国の言語が話せる能力を有しているのは当然のことですが、単に話せるだけでは務まりません。文章を扱うので、それを読み解く力を持っている必要があります。特に文学作品では、隠された文面の本当の意味や感情を豊かに表す必要があるので、直訳という訳にはいきません。解釈の違いで仕上がりは全く違うものになります。

優秀な翻訳者は、筆者の本当に伝えたいことを理解している人や直訳から外れたとしても伝わりやすい文章に訳せる人です。医学書などは正確性が求められますので、翻訳する対象に合わせてきっちり仕事ができる人も優秀な人材です。翻訳は非常に難しい作業で高いスキルが求められます。言い回しや単語の選択は作業する人の好みが出やすいです。英語の翻訳者は多いですが、フランス語やドイツ語、韓国語、中国語などに対応できる人はあまり多くはありません。

多くの言語の翻訳が可能な会社は優秀で、依頼する価値があると言えます。日本でも方言があるように、外国でも地域によっては癖があり、それらに柔軟に対応できる人材が在籍している翻訳会社は優秀です。仕上がりは様々で、作業する人の経験や文章力によります。翻訳会社と言っても、翻訳を副業としているところやメインのビジネスにしているところがあります。選ぶ際は比較サイトやランキングサイトを利用する良いでしょう。料金が明確、納期を守る、アフターフォローがしっかりしているなども選ぶ際のポイントとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *