翻訳会社を選ぶ時に安さや早さを重視する人は少なくありません。

同じ結果が返ってくるのであれば安くて早いに越したことはありませんが、実際には価格と時間と品質は比例の関係にあるので、安かったり早かったりするとその分品質が落ちる可能性があるので注意が必要です。翻訳には相場があり、だいたいどこの翻訳会社であってもそれぐらいの金額でおさまるものです。それが明らかに相場よりも安いということは、どこかでコストを削減するために工程を省かれていることになりますから、品質は下がってしまいます。

納期も同様に翻訳できるスピードには限りがあり、こちらもある程度の範囲におさまることになります。それを逸脱してあまりにも早いというのは、校正を省いたり複数人で作業をして翻訳をしていることが予想されますから、仕上がりに問題が出る可能性があります。もちろん、これらのものが必ずしも悪いというわけではなく、対外的に用いるものではなくて自分が大まかな内容をつかめれば良い、中身がそれほど難しいものではないので品質よりも安さと時間を重視したい時には安くて早い翻訳会社を選ぶ価値は十分にあります。

しかし、品質も重要でなおかつ安くて早い翻訳を望むのは贅沢であるため、品質を求めるのであればそれなりの費用と時間がかかることを覚えておかなければなりません。安さや早さは選ぶ基準として大事ではありますが、肝心の翻訳に問題があれば意味がないので注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *