翻訳会社では海外で発行された書籍を日本語に訳したり、日本の書籍を外国語に訳しています。

英語だけでなく、フランス語や中国語など様々な国の言語を扱っているところもあります。翻訳業務があるからこそ、海外の文化を知ることが出来ています。書籍は小説や童話だけでなく、医学書などの専門書も翻訳され、その場合は語学だけでなく専門的な知識も必要となります。翻訳会社には一定の能力を保証するテストがあり、それをクリアした優秀な人だけが在籍しています。

納期を守り、信頼できる品質の翻訳を望むのであれば、翻訳会社をしっかり選ばなければなりません。特に品質を気にせず、一般的なレベルの翻訳で良いのであれば、星の数ほど存在するフリーランスの翻訳者に依頼すれば良いところです。フリーランスでも自分の翻訳に誇りを持って業務に当たる人がほとんどですが、中にはそうでない人もいることは事実です。

また、反対に翻訳会社だからといって100%信頼出来る訳ではありません。スピーディーな納品をウリにしているところは複数人数で分担していて、本の前半と中盤、後半で文面の雰囲気が違っているケースもあります。信頼のおける翻訳会社はネットの口コミサイトや比較サイト、ランキングサイトなどで確認出来ます。

もし依頼するのであれば、スタッフの対応をチェックしたり、翻訳工程や料金が明確かどうか、そして守秘義務やサポート体制・フォローについてを確認しましょう。取り扱い分野やネイティブチェックの有無、納期についても確認が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *