翻訳会社は文書別や分野別、言語別といったように、依頼する内容に合わせて選ぶのも方法の一つです。

専門性の高い分野では読み手に伝わりやすいような文章に訳すことが重要です。訳された書籍を読んでも単語が難しかったり、ややこしい文章では品質が良いとは言えません。また、その分野を専門としている翻訳会社を選ぶことも大切です。知識の全くない翻訳者が翻訳すると意味の違った内容になり兼ねません。英語翻訳以外にもヨーロッパ言語やスカンジナビア言語、アジア言語、中近東言語、ラテンアメリカ言語など多言語に対応している翻訳会社はワンランク上の会社と言えます。

小説や童話では特に、翻訳者によって表現や単語のセレクトの違いが直接仕上がりの差になります。言葉の裏に隠された本当の意味もあるので、その含みの部分も理解して訳せる翻訳者が良いということになります。文献や論文では書かれている事実を淡々と説明する翻訳になるので、専門知識を持ちながら正確な翻訳が求められます。このように、翻訳する書籍に合わせて翻訳者をチョイスするのがコーディネーターの役目です。

コーディネーターは翻訳会社のスタッフであり、翻訳者ではありません。依頼者と翻訳者を繋ぐ重要な責任を持ちます。コーディネーターは翻訳作業全体をまとめ、業務が完了するまでサポートしていきます。問い合わせの際に電話やメールの対応をするのがコーディネーターなので、この翻訳会社が信頼できるかどうかの一つの指標となります。また料金が明確かどうか、訂正などを求めた時のフォローはしっかりしているか、納期までに確実に仕上げてくれるかどうかなども合わせて確認する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *