翻訳会社は文章のクオリティや校正の精度、納品やフォローなどで選ぶことが大切です。

数多くある翻訳会社の中から失敗することなく選ぶには、比較サイトやランキングサイトなどで情報を得ると良いです。様々な項目別に評価されているので、自分で長い時間をかけて調べなくてもすぐに把握出来るのでおすすめです。上手な翻訳会社の選び方は、いくつかの条件を満たしているところです。条件は一部クリアしていると良いと妥協せず、全てをクリアしている会社でなければ、後々不備が生じた時に困ることも出てきます。

失敗しない選び方は、まず問い合わせの窓口となるスタッフの対応を見ることです。電話やメールで対応するスタッフはお客様の要望を聞いて最適な翻訳者を選定し、翻訳業務全体をコーディネートするという仕事をしています。信頼に値する人物であるかどうかを見ることはとても大切です。翻訳の工程は会社によるところで、コーディネーターの能力や翻訳者のスキルが仕上がりを大きく左右します。特にコーディネーターと翻訳者との連携は重要です。

会社側が翻訳依頼を熟知していて、緊急時にもしっかり対応出来る会社が望ましいです。また、仕上がりと共に重要なのが料金です。初めの概算と仕上がり後の金額が違っていることも多いです。見積もりが正式な請求料金ではないことが普通なので、料金の確認は必須です。納期は適度に長い方が確実です。

依頼側にとっては納期が短いと助かるので、その心理を利用してウリにしている会社もあるからです。それは大量受注が狙いであり、スキルがそれほど高くない翻訳者に任せたり、複数人数で分担させたりする会社もあります。翻訳の品質に関わる場合もあり、納期遅延の連絡が来ることもあるので注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *