翻訳会社に依頼をしようと思ったときには、会社がたくさんあるので利用者側としては選ぶに選べなくて困ってしまいがちです。

見積もりを出してもそれほど料金が変わらなかったりすると、内容をさらによく吟味して依頼先を選ぶことになります。翻訳と言っても、翻訳会社の作業の仕方は会社によっても実はまちまちです。原文を翻訳してから、さらに校正をすることもあれば、料金や納期優先のプランなどになると品質はある程度のところで提出をするということもあるからです。

内容にもこだわるのであれば、ネイティブチェックなども導入している会社を選んで依頼することになりますが、質が向上する分だけ価格面でも多少は高くなってくると考えておくと良いでしょう。また、ネイティブチェックも翻訳会社が自社で行った翻訳文章を校正することもあれば、翻訳自体は別会社が行ったものをチェックしていくという場合もあります。

自社で行ったものを校正するのはまだ感覚的に作業しやすいですが、別会社が行ったものをチェックしていくのは想像している以上に難易度が高い作業となります。言葉は生き物と言われて、その時々で発言したときの意味合いも変わります。それは翻訳の世界でも同様です。適切な文章になっているのか、読みやすさはどうなのか、表現の好き嫌いなどはないのか、チェックの際にも入念な作業が行われます。チェックありの場合でも納品されたときには品質を確認しておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *