翻訳会社を選ぶときにまず優先するのが経費です。

会社によってそれぞれ特徴が違うために、依頼する内容に合わせた選択が必要です。優先する内容は翻訳の品質にも影響を与えるので、料金や納期は十分に打つ合わせることが大切で、翻訳方法も担当者が実際に行うかどうかを確認することも大事です。専門性の高い分野であれば多少料金が上がったとしても、品質の高い翻訳ができる会社に依頼したいところです。翻訳会社への依頼は営業の窓口となる担当者によるところが大きく、担当者によって翻訳の品質も大きく左右されることがあります。

担当者は依頼された原稿に対して的確な翻訳者を選び、出来上がった原稿に対しても最後までアフターフォローすることが大事になります。担当者の対応によっては問合せ荷的な回答を出せなかったり、間違った箇所が発見されても訂正を受け付けてくれないこともあります。依頼する会社を選ぶときには営業担当者に詳細を十分問い合わせることが大切です。納期や料金は品質に跳ね返る重要な部分になります。

特に納期が速いものは品質を疑う必要があり、最終確認しているかどうかなど、会社のチェック体制も確認するべきです。翻訳会社は規模によって違いはありますが、大企業だから品質が充実している保証は全くありません。個人で営業しているところでも高品質な翻訳を行うところは存在します。基本的な部分ですが、翻訳を依頼できる会社として信頼できるかが最も重要な選択肢です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *