ウェブサイトはウェブマーケティングのツールでも有効なもの、最近は日本語だけでなく英語版や中国語版などの切り替えを行い表示が可能なケースが多くなっています。

グローバル化を目指す企業にとって、多国語表示が出来るウェブサイトは世界各国のユーザーに対して企業アピールが出来るなどからも必要不可欠な存在です。ホームページはテキストベースのHTMLと呼ぶ記述言語で、テキストエディタを使って日本語部分を英語に書き換えれば英語版のホームページにすることが出来ます。

英語への翻訳は翻訳会社に依頼するケースは多いかと思われますが、翻訳会社にホームページの英語版や中国語版を依頼する時には、各ページを印刷するのではなくHTMLを渡せばコーディングまで完了させた状態で納品して貰うことが出来るケースが多いのです。画面ページを印刷して、それをスキャナーなどでPDFに変換、メールを使ってPDFを送付すれば原稿として活用することは出来ます。

この場合、翻訳会社はワードなどのソフトウェアを用いて日本語を英語に訳したものを納品してくれますが、ホームページの場合は、このデータをHTMLに変換するもしくは既存のHTMLを修正するなどの作業が必要になるわけです。その点、HTMLに直接コーディングをしながら翻訳が可能な翻訳会社を選んでおけば、納品物はそのまま利用出来る、後からHTMLを修正するなどの作業が要らなくなるメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *