インタ-ネットの普及のおかげで、海外に居ながらも在宅ワークという形で翻訳業務に携わっている人の人数は、以前に比べて格段に増えています。

そして、今や英語以外の言語についても翻訳会社を通じて翻訳を依頼することが可能となりました。しかし、英語以外の言語ともなるとどういった基準で翻訳会社を選んだら良いのか判断しかねるという声が聞こえてくるのも事実です。英語ではない言語で翻訳が必要な際には、まずは対象の言語専門の翻訳会社があるかどうかということをチェックしてみてください。

比較的マイナ-な言語であっても、マイナ-故にその言語を専門とする翻訳会社が存在するかもしれません。次にチェックしたいのが、対象国の言語での翻訳実績があるかどうかということです。たとえその翻訳して欲しい言語の専門ではなくても、実績がたくさんあればそれほど心配するに値しないはずです。実際に翻訳した文章を見せてもらって検討するという方法を採ることも可能です。

それから、依頼を検討している翻訳会社で対象言語のネイティブチェックがなされるかというところも、選択の際には大きなポイントです。マイナ-であるならあるほど、きちんとしたネイティブチェックが入るかどうかというのは非常に大切な点であるということを是非覚えておいてください。以上の点を満たしていれば、料金は英語よりも割高になりますが、満足できる翻訳文書を納品してくれる確率が高くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *