テクノロジ-が発達した現代では、ひとつの言語から他の言語に自動的に訳してくれる自動翻訳アプリが活躍しています。

しかし、現時点ではまだそれは完璧とは言えず、微妙な言い回し等に至っては人間が翻訳する場合とは比べ物にはならないと言っても良いでしょう。そのような背景で、翻訳会社に翻訳を依頼する企業は未だにたくさんあります。そして、仕事を請け負う翻訳会社も多く存在しています。そこで数ある翻訳会社の中からどこに翻訳を依頼するかという問題が発生しますが、選択のポイントとは一体どこにあるのでしょうか。

まずひとつには、当然のことながら料金というのがあります。あまり高すぎても問題ですが、逆に安すぎるというのも翻訳された文書の出来栄えについて疑問が残るものです。他の会社からも見積もりを取り、あまり極端な料金設定をしている会社は避けた方が無難かもしれません。それから、納期についても重要な課題です。必ず期限を守ってくれる会社でないと信頼を置くことはできないでしょう。

翻訳会社によっては、得意な分野を持っているケースがあります。例えば医療の特許や、機械関係の取り扱い説明書等専門性が高い文章の翻訳が必要な際には、是非依頼予定の会社のプロフィ-ルを確認しておくことをおすすめします。場合によっては文章の性質ごとに依頼する先を分けて考えるということも有効な方法です。実際に翻訳されたサンプルの文章を見せてもらうことができれば、さらに選択の決め手となるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *