インタ-ネットが普及したために、在宅ワ-クの幅が格段に広がりました。

そのひとつとして挙げられるのは、在宅にて行う翻訳業務ではないでしょうか。自分が現在居住している国の言語を日本語に翻訳することで、在宅でありながら仕事をすることが可能となるこの業務が人気があるのも頷けます。翻訳を志すのならば、まず初めに翻訳会社に登録することをおすすめします。数ある翻訳会社の中には、未経験者でも応募が可能とされているところもあります。

住所や氏名、翻訳が可能な言語等を記載する登録が完了すると、通常はトライアルと呼ばれる翻訳のサンプルとなる文章が送られてきます。このトライアルは、応募した翻訳会社に所属することができるかどうかという非常に重要なテストのようなものだと考えてください。このトライアルに合格することで、翻訳者としての第一歩が踏み出せるという訳です。翻訳者には経験というのが、大切なポイントとなります。ですから、いずれはフリ-で働きたいという希望を持っている人でも、最初は翻訳会社に所属して経験を積むことをおすすめします。

打診があった仕事はなるべく断らないで納期をしっかりと守るようにしましょう。そういった地味な努力が会社に良い印象を与えて、優先的に仕事を回してもらえるようになるかもしれません。それから、是非得意分野を持つように心掛けてください。医療や特許、コンピュ-タ-など何かひとつ他の人よりも得意な分野があると、それは大きな強みとなることを覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *