翻訳が必要になった時に利用する翻訳会社、急な翻訳でも迅速な対応をしてくれる会社だと安心です。

一般的に翻訳と言うと、日本語を英語に訳す、もしくは英語を日本語に訳すなどが主体かと思われますが、翻訳会社の中には英語以外にもフランス語やドイツ語、イタリア語やスペイン語、オランダ語に中国語や韓国語など様々な言語に対応している会社が多くなっています。特に、中国語は企業の中でも重要な言語の一つになっており、中国語翻訳の需要も高くなっています。

幅広い言語を対応するだけでなく、専門分野の翻訳を得意としている翻訳会社も少なくありません。専門分野とは機械や電気、建築や法律、そして医療など特殊な原稿を見た時、その内容を把握出来るスタッフが在籍しているなどの特徴を持ちます。但し、翻訳会社は必ずしも内製化を行っているわけではありません。会社の中にはコーディネーターと呼ぶ、依頼者と翻訳者の仲介を行う人材がいるのが特徴です。

医療に関する日本語をドイツ語にしたい、イタリア語で記述が行われている法律の文書を英語にしたい時など、外注スタッフのスケジュールをチェックして、仕事の受注が可能であるのか否かをすぐに確認が出来る状態になっています。外注スタッフは国内だけでなく、世界中に専門知識や語学力を持つ人々を抱えている翻訳会社も多くなっており、こうした会社に依頼することは翻訳品質が高い、安心して依頼が出来る会社などの特徴を持ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *