翻訳会社の存在は、世界を相手に商売をしている貿易会社にとって心強い存在です。

なぜなら本人が外国語に精通していなくても、翻訳会社がプロフェッショナルなスキルで翻訳をしてくれるからです。一方、依頼できる会社は複数あるので、どこに依頼すれば高品質な翻訳文書が作れるのか、しっかり見極めなければなりません。見極めるポイントの一つは、各翻訳会社のこれまでの実績です。過去にどの国の翻訳をどれだけ請け負ってきたのか、またその内容と質をチェックしていくことで、力量を推し量ることができます。

また、社内にどれだけ専門の翻訳家がいるのか、それぞれのキャリアはどのぐらいかを確認することも重要です。全体的にいえば、人と組織の規模とスキルを比較することがポイントになります。案件の依頼から納品までの納期も大事なポイントですが、これについては一つ注意してほしいことがあります。それは、納期があまりにも短すぎる場合は警戒が必要だということです。

なぜなら、その会社は仕事を確実にこなすことより、早く終わらせることを意識している可能性があるからです。早くて確実な翻訳ができるならそれが理想ですが、それだけの実力が伴っていなくて、納期だけを早く設定しているところもあるので、これには注意が必要です。料金も比較要素の一つですが、ここで確認してほしいのは、相場との比較、案件の質や難易度と比べて適切な価格が設定されているかどうかです。安いか高いかだけを見るのではなく、依頼した仕事の内容に対してふさわしい料金が提示されているかという点に注目してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *