現在はグローバル社会になっています。

起業活動において、海外向けに販路を広げる企業もたいへん増えてきています。自社製品を海外企業向けに販売する場合、問題となるのが取扱説明書の海外向け翻訳作業です。英語など、一般的な言語を使える社員は結構多いですが、ビジネス面で考慮して取扱説明書のレベルに翻訳をすることができる人材というのはなかなか確保が難しいものです。

また、安易な翻訳をして説明書を作成し、誤った伝わり方になってしまって海外の利用者が誤った使い方をしてしまい、事故が起こった場合責任が添加される可能性が非常に高くなります。海外向けに取扱説明書を翻訳する際には、プロの翻訳会社を起用することをお勧めします。現在、翻訳会社は結構たくさん営業活動をしています。会社によって取り扱っている言語が異なっているので、翻訳したい言語が利用可能かを考慮することはもちろんですが、これに加えて過去の翻訳実績をチェックすることをお勧めします。

過去にどんな分野の翻訳をしてきたかによって、その翻訳会社の経験と知識を図ることができます。同じような製品を翻訳したことのある会社なら、安心して翻訳を任せられるという判断ができます。さらに、翻訳に係る費用もチェックしておくべきです。中には相場よりもかなり高い金額を請求してくるような業者もあるので、事前にある程度の費用の目安をつかんでおくことが重要です。インターネットでは翻訳会社比較サイトが展開されているので参考にすることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *