翻訳会社は、日本語の文章をその他の言語にすること、またはその逆でその他の言語の文章を日本語するものです。

通訳では言葉を訳するのに対して、翻訳では文章であるのが違いです。翻訳会社は日本国内に多くありますが、それぞれに特徴があります。ひとつは翻訳会社では得意とする言語や分野があります。ニーズの高いのが英語で、翻訳会社といえば英語が中心であり、競争もあって単価が安くなります。一方でそれ以外の言語はニーズはあっても英語で事足りるケースもあって競争が少なく単価が高めです。

また翻訳できれば良いというものではなく、一般的な文書の翻訳のほかビジネス、特に契約における翻訳では細心の注意が必要です。特殊分野としては医療関係や技術関係で翻訳者はそれぞれに精通していることが必要です。ランキングトップに出てくるような翻訳会社の特徴としては正確さと納期の速さがあります。納期が早くても正確さがなければ、意味がありませんから、翻訳では特にチェックが重要です。

このため複数の人の目で校正を行うなどして対応することがポイントになります。翻訳ではコーディネーターと呼ばれる斡旋者と実際に翻訳する人によって行われますが、コーディネーターのスキルが翻訳の精度に関わってきます。また依頼するさいにはその分野に特化しているかも求められてるニーズになります。分野に特化していれば、それだけ特殊分野の翻訳が正確に行えますから、トラブルを避けることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *