翻訳会社を選ぶときのポイントにはいくつかあり、まず重要なのが得意分野と翻訳したい文書のジャンルが一致しているかです。

例えば特定ジャンルの論文を翻訳してもらいたいのに、その分野に強くなければ専門用語を正確に訳すことができません。ビジネスなどで重要な文書は、ただ単純に翻訳すれば良いのではなく意味を正確に伝えることが重要ですから、翻訳したい文書のジャンルに強い会社を選ぶようにしましょう。翻訳会社との付き合いは、納品を受ければそれで終わりではありません。納品された文書に疑問が生じたときには、翻訳会社に質問をし場合によってはやり直しになることもあります。

アフターフォローが充実していないと、質問をしても回答がなかったり追加料金を請求されたりします。1回の納品で終わればそれで良いですが、何度もやり直しになるケースは多々あるので、依頼前にアフターフォローの大切について確認するようにしておきましょう。

納期が短いのは一見すると利用者にとっては便利なように見えますが、極端に短期間の場合は注意が必要です。一般的な長さよりも納期が短いのは、一つの文書を複数人で作業していたり校正・校閲の手順を省いてる可能性があります。このようなフローで作業している翻訳会社だと、低品質になりやすいです。最初の納期が短くてもその後に何度もやり直しをしていては結局長期化するので、極端に納期が短い翻訳会社は避けるようにするのが無難です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *