世界を舞台に仕事をする上で、他国の言葉を使って資料作成をすることがあるでしょう。

多くの翻訳会社がありますが、それぞれ独自の強みがあります。言語も英語の他にドイツ語・中国語・イタリア語と何種類もの言語に対応している翻訳会社。多岐にわたる対応分野の中でも医学・薬学や法律系など専門的な分野に特化した会社もあります。ビジネスや学術論文・研究レポートなどの利用用途があるので、さらに自分に合った翻訳会社を絞り込んでいく必要があるでしょう。いざ翻訳会社に依頼をしようと考えた時、スタッフの対応が良いかどうかをチェックしてみましょう。

翻訳作業全体をコーディネートする役割を持つスタッフと、翻訳者との連携がスムーズに進むかどうかで仕事の結果も変わってきます。こちらからも、利用目的を明確にする、翻訳した記事を読む対象者についても細かく伝える努力をしましょう。守秘義務がしっかりしているかどうかの確認も必要です。「機密保持誓約書(契約書)」が用意されているかを確認して下さい。肝心な料金ですが、翻訳料金が最初から明確に提示されており、原文1字、または1ワードの単価が分かる会社を選びましょう。料金の掲載方法は翻訳会社ごとに違い、料金を表示していない場合もあるので、問い合わせて確認をして下さい。

納期・納品形態が適切かどうかやサポート体制が充実しているかどうかもチェックします。ネイティブのチェックがあるかどうかを確認し、取扱い分野がはっきりしている会社を選びましょう。互いに間違いがないようチェックをしてはいても、納品された記事が思ったものと違う場合があるでしょう。こういった時のフォロー体制がきちんとされている会社を選び、質問や要望があればすぐに問い合わせてみて下さい。HPなどで記載されている会社の情報を読み、信頼できる会社かどうかチェックも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *