お客様から信用されるパートナーとして国際活動をサポートすることをモットーとし、これからも翻訳業界を引っ張っていく存在となりうる企業を目指している翻訳会社があります。

このように産業技術通訳を通して、国内だけでなく外資企業の国際活動をサポートして、国際的な経済・文化交流に貢献する企業を目指すことを目指す為に、この翻訳会社では4つの経営理念を掲げています。その経営理念とは、満足向上・サービス向上・人材育成・コンプライアンスであり、役職者ひとりひとりがこの共通の理念を価値観として念頭において行動するように心掛けているのです。

それを基盤として、さらなる事業領域の拡大を図り、お客様のご要望に応えることを使命としています。こちらの翻訳会社の事業内容が多岐にわたっていることも支持される理由のひとつだと言えるでしょう。校正サービスでは、ターゲットとなる言語を母国語とするネイティブスタッフが担当を行ない、スペルや文法や構文などのチェックや、読者に違和感のない自然な文章にブラッシュアップします。

また、テープ起こしや音声の吹き替えも請け負っています。テープ起こしは、会議や講演会などの録音された内容を文章に書き起こす作業ですが、英語をはじめ多言語にも対応しているのが特徴です。さらに、多言語コンタクトセンターにおいては、電話での逐次通訳をはじめとした各種サービスによって、日本在住の外国人や訪日外国人観光客の方々に対して、円滑な対応をしたいとお考えのお客様のサポート業務を担っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *