翻訳会社に文章などの翻訳を依頼した場合、どの程度の時間がかかるのかは業者や求めるクオリティによって異なりますが、プロの英語の翻訳者の一日の処理数は1500単語程度とされています。

これは、日本語に換算すると3000文字ほどです。使用されている文字数が多ければ多いほど、翻訳に要する時間は多くなりますので、翻訳会社に依頼する場合にはなるべく時間に余裕を持って行うようにしましょう。また、翻訳者の能力は一人ひとり異なります。一般的な文章を翻訳であれば、行うことが出来る人も多くなりますが、専門性の高い分野の場合、対応することが出来る人が少なく、翻訳に要する時間が長くなってしまうことが考えられますので、注意が必要でしょう。

翻訳会社を選ぶ時には、必ず見積もりを依頼することをおすすめします。見積もりでは、翻訳サービスを利用する際にかかる費用はもちろん、納期などについても提示してくれているはずです。依頼する段階で納期の希望があるという場合には、事前に伝えることにより、トラブルを少なくすることが出来ます。

なお、短納期での翻訳を依頼した場合など、通常よりも手間がかかる場合などには追加料金が発生する可能性もあります。見積もりは無料で行っているところがほとんどですので、いくつかの業者に費用や納期について問い合わせてみましょう。いずれにしても、希望を叶えたいという場合には、出来るだけ早めに行動に移すということが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *