良い翻訳会社を見つけることはビジネスにおいて重要です。

選ぶ時に重視すべきなのは、営業担当者や専任コーディネーターの実績や人柄、そしてその人との相性です。専任コーディネーターについては、どの程度その分野に精通しているかということも確認しなければなりません。また、営業担当者や専任コーディネーターが翻訳をする訳ではありませんので、実際にトライアル翻訳に目を通し、品質を評価して決める必要があります。しかし、注意すべきなのはトライアル翻訳のみ全力で翻訳をしている翻訳会社も存在するため、トライアル翻訳も実は曖昧なこともあるということです。

このような理由から、良い翻訳会社を選ぶ際に一番分かりやすい指標は「単価」ということになります。依頼者からの視点では、あまりに安い翻訳会社は品質に問題があるのではないかと思いがちです。一方、高いところは品質が良く対応もしっかりしていると考えます。この考えは大きく間違っている訳ではありませんが、注意しなければいけないことがあります。高い翻訳会社に依頼しても、下請けの翻訳者に仕事を振ることは珍しくないことです。

下請けも二次的、三次的に下請け会社をはさむこともあります。そうなるとマージンが発生しますので、依頼者が支払った金額に見合わない安い報酬で、実力も定かではない翻訳者が翻訳しているケースもあるということです。プロの翻訳者は経験や実績、自信を持って仕事をしていますので、それなりの報酬を受け取りたいと思っています。依頼する場合は、どの翻訳者がどのくらいの単価で翻訳をするのか、外注の場合はどこに外注しているのかを確認することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *