世の中には色々なビジネスがあるかと思われますが、翻訳会社のビジネスは文字通り翻訳の仕事が中心です。

オフィスの中で翻訳ができる人材を確保しておけば翻訳会社にその都度依頼する必要もありませんが、世の中には英語以外にも様々な言語がありますし、オフィスの中では特定の言語の翻訳ができても、特殊なものに対しては対応ができないケースは多いと言えましょう。一般的には、英語を中心にドイツ語やフランス語、イタリア語やスペイン語などの言語の仕事が多く、これに加えて最近では中国語や韓国語などが必要になることが多くなっています。

これらは取扱説明書などの翻訳を手掛けている会社などでは必須の言語、オフィス内にこれらの言語に精通している従業員を確保することが難しいなどからも翻訳会社に委ねる機会が多いわけです。翻訳会社のビジネスは翻訳以外にも、ウェブページのコーディングやテープ起こし、同時翻訳など幅広い業務を可能にしているケースが多くなっています。

ウェブページのコーディングは日本語のウェブサイトを丸ごと英語版やその他の言語に作り替えてくれるサービスです。ウェブページのHTMLを翻訳会社に渡せば必要個所を英語やイタリア語など必要な言語に変えてコーディングしてくれます。納品されたHTMLは既に必要言語に置き換わっているため、ファイルをサーバーに格納すれば多国語のウェブサイトを作ることもできる、オフィス内でHTMLを記述するなどが要りません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *