翻訳会社に依頼する時に、少しでもコストを下げようとするのは自然なことです。

ビジネスにかかるコストを減らすことで、自社の利益を高められるからです。交渉次第で料金を下げてくれる翻訳会社は存在します。ただし、その数は少ないと思った方が良いでしょう。翻訳会社は設立された時から固定の料金体系を確立しており、それに合わせて仕事をしています。値下げの交渉を受け入れたら、それを変えることになってしまいます。変えることでその会社の利益が減少する恐れが強くなるので、値下げは避けたと言うのが翻訳会社の本音です。

ただし、まったく値下げがないと言うわけではありません。ほとんどの会社がキャンペーンを実施します。その時は料金の値下げが実施されます。もし低いコストで依頼したい場合は、キャンペーンの期間を狙うのが確実な方法です。もう一つ値下げの交渉の方法があります。長い間その会社を利用していたら、値下げを頼める場合があります。信頼関係に基づく値下げです。この時の交渉は頼む人の能力次第になります。

例えば、自分の会社の経営状況が苦しいことをほのめかして、交渉をしても良いでしょう。小さな会社だったら、値下げの交渉に柔軟に応じてくれることが多いです。そのようなところでは、人件費や維持費が大きなところにくらべて少ないので、翻訳の料金を高くする必要がありません。できたばかりのところだったら、実績を作るために低料金で引き受けることがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *