ビジネスにおいて翻訳が必要になった場合は、翻訳会社やフリーランスの翻訳者を探して依頼するのが一般的です。

フリーランスは会社の経営に費用がかからないので、フリーランスの方が安い場合がありますが、経験豊富で経歴がしっかりした翻訳者の場合は返って料金が高くなる場合があります。翻訳会社は料金体制がしっかりしているので、料金の面では安定しています。また、一般的に翻訳会社には多くの翻訳者が在籍しているので、利用したいタイミングで依頼する事ができます。フリーランスは当然ながら一人で担当するので、納期を急いで欲しい場合でも対応できない場合もあります。依頼したい時にいつものフリーランス翻訳者が翻訳を受けることができない場合、別の翻訳者を探す手間がかかります。

翻訳の質については、フリーランス翻訳者は普通一人で翻訳と校正、確認作業など、全ての工程を一人で行います。フリーランスなので信頼を落とすことはできません。一定の質を保つため全力を注ぐ必要があります。翻訳会社では、翻訳担当者が訳してからネイティブがチェックしたり、別の人が校正に関わります。複数の人間で一つのプロジェクトに関わり、ミスをなくします。

翻訳者とのコミュニケーションを取りたい場合は、フリーランスであれば直接指示を出すことができます。直接話をすることで、良い仕上がりになることもあります。翻訳会社では通常、翻訳者との間にコーディネーターが入りますのでコーディネーターとやり取りする形となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *