専門の翻訳会社の良し悪しを判断する大きな基準としては、その会社が本当にネイティブを在籍させているかどうかというポイントが重要です。

例えば、翻訳会社と名乗っている会社であっても、実は翻訳そのものを下請けに任せているようなケースも存在します。このような場合には、翻訳をフリーランスの人たちがやっている可能性もあるので、翻訳内容に関しても信用性が非常に低い可能性が存在します。もちろん、フリーランスの中にも非常に優秀な人材はいます。しかし、フリーランスというのは与えられた条件と予算に応じて仕事をしていくことになりますので、その能力に見合った案件でなければ良い結果を残すことができないという背景もあります。

実際に、フリーランスの能力というのは良し悪しが非常に大きいことが特徴ですので、悪い人材にあたってしまうとそれだけで質の悪い翻訳文が返ってくることになります。また、こういった下請けの人たちというのは納期に迫られていますので、納期が近づいてくるとそれに合わせるように質を下げて翻訳文を提供してくることもありえます。

翻訳文の構成をチェックする人がその人しかいないわけですから、一度提出された翻訳文を修正してもらうのにも非常に時間がかかってしまうわけです。このように、良い翻訳会社を見つける時にはネイティブを採用しているかが大切になります。下請けなどを利用していないかどうかということをチェックしておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *