社会の在り方は目まぐるしく変化し、その時代の変化に対応しなければならない私たちは常に苦境に立たされているようなものです。

働き方改革という言葉が政府から発信されるようになり、残業を少なくし少しでも効率の良い働き方をしようという意識が大手企業を中心に広がっています。しかし、一部からは残業代がなくなると副収入がなくなり経済的に不安定になることを懸念する声が聞こえました。しかし、日本は先進国のどの国々よりも長期間働いておきながらそれらの国よりもはるかに生産性は低いという結果が出ています。

ただ、無駄に働いて残業していることが統計から浮き彫りになった格好です。そういった働き方は結果として会社を疲弊させ、日本経済に悪影響を及ぼすことから政府はこの働き方改革に力を入れています。人材不足・残業削減を補うために政府が積極的に推奨していることは、副業の解禁ですが翻訳会社のシステムはまさに副業をしたい人、人材不足に困っている企業その双方にメリットがあるものとなっています。

翻訳会社は、企業から仕事の依頼を受けると、自分たちがネット上で管理している副業に従事している人たちへ案件として依頼をします。そこで、在宅で仕事をしている人がネット上でその案件を確認し納品するというシステムとなっていますが、これは人材不足で困っている会社もスキルを活用して副業をしたい人達双方にとって良い結果をもたらします。翻訳会社に限らずこういったシステムの副業は今後も増加していくと考えられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *