翻訳というと映画字幕や小説などの翻訳を連想する人が多い事でしょう。

ですが、実際に翻訳会社が手がけている翻訳は、ビジネス用の文書がほとんどです。内容は学術書・マニュアル・契約書など多岐にわたります。加えて、医学や物理学の論文でも翻訳が求められます。これらの論文は英語での提出が条件となる事がほとんどだからです。またこれらに付随した文献や他の論文の翻訳も必要とされる事があります。翻訳会社にこれらの依頼をするのには、理由があります。

現在は翻訳ソフトやツールなどがあり、それらを利用する場合も多いのですが、大抵の場合は直訳となります。翻訳においては直訳だけが正しい翻訳とは限りません。日本語における慣用句やことわざのように、そのまま意味を書いたものではわからない事象が存在します。そのような文章を翻訳する際には、翻訳会社の専門的な知識が必要となるのです。

中には「ネイティブチェック」という工程をはさみ、翻訳された文章がどのくらい違和感がないかをチェックする仕組みが存在する事もあります。副業の自由化で翻訳サービスが手頃な価格で提供されるようになりました。しかし実際のところ国際事務などの場所では、翻訳会社の専門知識が求められています。今後翻訳の世界で仕事をしたいと考えているなら、他言語の知識をより専門性の高いものに深めていく必要があるでしょう。日本は工業製品の開発を多く行う地域なので、特許申請や仕様書の翻訳はニーズがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *